「モテ」の定義

モテたい、と思う人は多い。
なぜかと聞けば、自分には恋人ができないから、恋人を作るためにはモテる必要があるといいます。

多くの恋愛指南本や恋愛セミナーには、

  • 外見からのアプローチ
  • マーケット感覚や需要と供給面からのアプローチ
  • テクニックなどのスキル面からのアプローチ

などいろんなモテる方法が紹介されています。そして、これらのノウハウは間違いではありません。
これらのノウハウをきちんと実行すればちゃんとモテます。

男性が女性にモテるには、驕らず、謙虚に相手の話を真剣に聞き、共感し頷きましょう。
あとは最低限外見を爽やかに整えておけばいい。

女性が男性にモテるには、愚痴を言わず、明るくハツラツとして振る舞い、上目遣いで男性を立てて、ドキッとするようなボディタッチをちょいちょい挟めばいい。

異性にモテるのは実に簡単です。

しかし、これは「不特定多数の人」にモテる方法であり、
特定の「あの人」に好きになってもらう方法ではないのです。

それをごっちゃにすると、いろんな方法をためてしているけど結局いい人と結ばれない、、、私ってやっぱりダメなのかしらとなりやすい。

そうならないためには、自分なりの「モテ」に対する定義をしておく必要があります。

誰にどうモテたいのか?
それを決めずして、モテは始まりません。

あなたの中に明確に「モテ」の定義はあるでしょうか?

ちなみに、僕が思う「モテ」の定義は、異性ではなく、同性のファンが多いことです。

個人的な感覚ですが、

不特定多数の男性にモテる女性は、周囲の女性たちから嫌われて、
周囲の女性たちから慕われている女性は、不特定多数の男性にモテない傾向にあります。

不特定多数の女性にモテる男性は、同性の友人いるものの親友と呼べる人がおらず、
周囲の男性から慕われている男性は、不特定多数の男性にはモテないけれど周囲の女性から慕われている最高な女性と結ばれる傾向にあります。

ですから、異性ではなく、同性のファンを増やすことを目的としたモテるための戦術を取ることで、おそらく多くの人が「本当の意味でのモテだと思っている状態」に近づけるのではないかと思っています。

関連記事

  1. 言わないことは優しさではありません。

  2. 参加者女性9割の「peek a boo」座談会に参加して感じた恋愛の本…

  3. 当たり前だが、あなたの好きなラブソングはあなたの恋愛を代弁している

  4. 失恋のイメージ

    婚活市場は、結婚を促すことに全く成功していないのでは?

  5. 疲弊する合コン像

    「結婚を視野に入れたお付き合い」への違和感

  6. いま、恋愛には「本質」が求められている

  7. なぜ処女作を出版する僕が、本の印税を放棄して寄付しようと考えたのか?

  8. 職場恋愛のイメージ

    恋のライバルが大切な友人だった時、どう振舞うべきなの?

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1
PAGE TOP