【全曲歌詞和訳付き】The Greatest Showmanのサントラ収録曲でカラオケ打線組んでみた
Amazon「グレイテスト・ショーマン」サウンドトラック

【全曲歌詞和訳付き】The Greatest Showmanのサントラ収録曲でカラオケ打線組んでみた

『The Other Side』の歌詞と和訳

 
 

[ヒュー・ジャックマン:P.T. Barnum]
Right here, right now
(今、ここで)
I put the offer out
(提案をしよう)
I don’t want to chase you down
(追いかけるつもりはない)
I know you see it
(君も見ただろう?)

You run with me
(俺とやろう)
And I can cut you free
(自由にしてやるぞ)
Out of the drudgery and walls you keep in
(君をとどめているつまらない壁から抜け出して)

(リズム:タタッタ、スーカッ)

So trade that typical for something colorful
(型にはまったショーと色とりどりのショーのトレードさ)
And if it’s crazy
(クレイジーだって言われたって)
live a little crazy
(いいじゃないか、クレイジーに生きよう)
You can play it sensible
(君ならうまくやれるんだろうね)
a king of conventional
(型にはまった王様の役をさ)
Or you can risk it all and see
(それともリスクを取ってその世界を見てみるかい?)

Don’t you wanna get away from the same old part you gotta play
(君がこれまで演じてきた古いショーから離れたくないのかい?)
‘Cause I got what you need
(俺は君が必要なものを持ってるぞ)
so come with me and take the ride
(だから俺と一緒に来い、話に乗れ)
It’ll take you to the other side
(君を全く違う世界に連れていってやるぞ)

‘Cause you can do like you do
(やりたいようにやってもいいし)
Or you can do like me
(俺にようにやってもいい)
Stay in the cage, or you’ll finally take the key
(檻の中にいるのか、それとも鍵を取るのか)
Oh, damn! Suddenly you’re free to fly
(なぁ、自由に羽ばたいたっていいんだぜ)
It’ll take you to the other side
(そうすれば全く違う世界が見えるんだ)

[ザック・エフロン:Phillip Carlyle]
Okay, my friend, you want to cut me in
(オーケー、わかったよ、僕を取り込みたいわけだ)
Well I hate to tell you
(とても言いにくいけど)
but it just won’t happen
(そんなことは起こらないね)

So thanks, but no
(感謝するがお断りするよ)
I think I’m good to go
(そろそろ行かないとね)
‘Cause I quite enjoy the life you say I’m trapped in
(僕は君の言う「檻の中の人生」を楽しんでいるからね)

Now I admire you,
(君のことは認めてるんだ)
and that whole show you do
(君のやるショーも素晴らしいよ)
You’re onto something, really it’s something
(君はうまくいっている、本当にそう思うよ)

But I live among the swells,
(でも僕は上流世界に生きているんだ)
and we don’t pick up peanut shells
(だからピーナツの殻を拾う必要ないのさ)
I’ll have to leave that up to you
(僕はそろそろおいとまするよ、勝手にやってくれ)

Don’t you know that I’m okay with this uptown part I get to play
(君は僕がこの街でうまくやってることを知らないのかい?)
‘Cause I got what I need
(僕は自分の欲しいものは手に入れたんだよ)
and I don’t want to take the ride
(だから君の話にも乗らないし)
I don’t need to see the other side
(別の世界に行く必要もないのさ)

So go and do like you do
(君はやりたいようにやりなよ)
I’m good to do like me
(僕は僕のやりたいようにやるさ)
Ain’t in a cage, so I don’t need to take the key
(檻の中にもいないし、鍵を取る必要もない)

Oh, damn! Can’t you see I’m doing fine
(ほら、僕がうまくいってるのがわかっただろう!)
I don’t need to see the other side
(君の言う世界とやらに行く必要がないんだ)

[P.T. Barnum]
Now is this really how you like to spend your days?
(おい、本当に満足のいく日々を送っているって言うのか?)
Whiskey and misery, and parties and plays
(ウィスキーで不平不満をこぼし、パーティーに明け暮れる日々が?)

[Phillip Carlyle]
If I were mixed up with you
(君と僕が手を組んだら)
I’d be the talk of the town
(街中の噂になるよ)
Disgraced and disowned, another one of the clowns
(不名誉を負い、勘当され、ピエロになってしまうさ)

[P.T. Barnum]
But you would finally live a little, finally laugh a little
(でも君はなんだかんだ生きていけるし、最後には笑うんだ)
Just let me give you the freedom to dream
(君に夢を見る自由を与えようじゃないか)
And it’ll wake you up and cure your aching
(君は目覚めて、その傷を癒えるぞ)
Take your walls and start ‘em breaking
(その壁をぶち破れよ)

Now that’s a deal that seems worth taking
(これほど価値のある取引はないと思うけどね)
But I guess I’ll leave that up to you
(それでもどうするかは君次第だが)

[Phillip Carlyle]
Well it’s intriguing
(いいだろう、面白いじゃないか)
but to go would cost me greatly
(でも、それは僕にとって大きな負担だ)
So what percentage of the show would I be taking?
(ショーの何割を分けてもらえるんだ?)

[P.T. Barnum]
Fair enough, you’d want a piece of all the action
(フェアにいこう。分け前が欲しいってことだろう)
I’d give you seven, we could shake and make it happen
(7%だ。これで交渉成立だろう)

[Phillip Carlyle]
I wasn’t born this morning
(おい、赤ん坊じゃないんだ)
eighteen would be just fine
(18%が妥当だろう)

[P.T. Barnum]
Why not just go ahead and ask for nickels on the dime?
(どうせなら半分を要求したらどうだ?)

[Phillip Carlyle]
Fifteen
(15%だ)

[P.T. Barnum]
I’d do eight
(8%ならやろう)

[Phillip Carlyle]
Twelve
(12%)

[P.T. Barnum]
Maybe nine
(9%でどうだ)

[P.T. Barnum and Phillip Carlyle]
Ten
(10%だ!)

[P.T. Barnum and Phillip Carlyle]
Don’t you wanna get away to a whole new part you’re gonna play
(全く新しい役を演じようじゃないか)
‘Cause I got what you need,
(君が必要とするものは持ってるぞ)
so come with me and take the ride
(だから俺についてこい、乗っかれよ)
To the other side
(全く違う世界へ行くぞ)

So if you do like I do
(もしお前が俺のしたいようにやったら)
So if you do like me
(もし君が僕みたいにやるなら)

Forget the cage,
(檻なんて無い物にしてしまえ)
‘cause we know how to make the key
(鍵の作り方がわかったのだから)
Oh, damn! Suddenly we’re free to fly
(さぁ、自由に羽ばたくぞ)
We’re going to the other side
(さぁ、『向こう側』へ行こうじゃないか)

[Phillip Carlyle]
So if you do like I do
(もし君が僕のしたいようにやったら?)
[P.T. Barnum]
(To the other side)
(全く違う世界に行けるさ)

[Phillip Carlyle]
So if you do like me
(もし君が僕のようにやっても?)
[P.T. Barnum]
(We’re going to the other side)
(あぁ、それなら行けるさ)

[P.T. Barnum and Phillip Carlyle]
‘Cause if we do we’re going to the other side
(そうすれば全く違う世界へ行けるぞ)
We’re going to the other side
(さぁ、『向こう側』へ行こうじゃないか)

訳注
※「ask for nickels on the dime」; nickelは5セント、dimeは10セントのことをさします。10セントのうちの5セントを求める、と言う直訳やら「半分の分け前」と訳しています。皮肉ですね。
 
※「the other side」:バーナムがフィリップを誘うときは「今いるつまらない世界とは違う」もう一つの「全く違う世界」という意味で訳しています。
 
しかし二人が一緒になって手を組めば、バーナムが想像している以上のショーが作れるという意味が含まれると思い、最後は『向こう側』と訳しました。
 
 

歌うときのポイント!

まず初見では歌えません。
歌えるかな、と思うとその歌詞のスピード感にまず舌が追いつかないことに挫折感を覚えます。

冒頭いきなり「I don’t want to chase you down,I know you see it」でもう追いつかないですから。
でも大丈夫、慣れです。

歌詞の意味を理解して、単語で覚えるより単語のまとまりの「音」を覚えた方がいいでしょう。

歌いにくいところ一覧と覚えやすい音の例


・I don’t want to chase you down,I know you see it
:アドウォンチュチェシュダン ナィ ノーユーシーイッ

・Cause I quite enjoy the life you say I’m trapped in
:アクワイテン ジョイザ ライフュ セイ,
アイム,トゥラッピン
・But I live among the swells and we don’t pick up peanut shells
:バダ リビナマン スウェルズ、ウィドンピッカピーナシェルズ
・Just let me give you the freedom to dream and it’ll wake you up
:ジャスレッミ ギビュ ザフリーダム, トドリーム アン ィウィル ウェイキュアップ

・Well it’s intriguing but to go would cost me greatly
:ウェル イッツイン トゥリギン, バットゥ ゴウッ コスミ グレィリー
・So what percentage of the show would I be taking
:ソ ワパッセンテジ オブザ ショウ ウッ アイビ テイキン

・Why not just go ahead and ask for nickels on the dime
:ワイ ノッジャス ゴッアヘー, ナスクニッコ– オンナダーイ

目次に戻る

川口 美樹

俳優業からの独立。現在は執筆・企業研修・ワインのインポート・300人規模のイベント運営などいくつか個人でやっています。子育てする時間も欲しいので、株式投資や不動産の分野も勉強中です。気軽にフォローしてくださいね。