スキンケアはなぜガーデニングに似ていると言われるのか?

ガーデニングを始めた二人の女性の話

milivanily / Pixabay

あるところに二人のOLがいました。

職場の同期としてすぐに打ち解け、何でも語れる友達になった二人は、同じ趣味を始めようという話になり、一緒にガーデニングをすることになりました。

ガーデニングは、響きこそおしゃれですが、ちゃんと取り組むと結構しんどいものです。

庭の草むしりから始まり、
土を耕し、肥料も入れ、

毎日の水やりを欠かさず、害虫がつかないように気を配る。

そうやって毎日毎日、少しずつの積み重ねで、
最終的に綺麗なお花を咲かせることができます。

数ヶ月もすると、この二人のOLの庭に少しづつ変化が見られ始めました。

A子さんは、ガーデニングの本を買い、きちんと勉強をし、毎日植物のためにすべきことをコツコツと忙しい時間の中でも、やりぬきました。

一方B美さんは、3日もすると忙しさを理由に、ついついサボってしまい、

お水をやるのも、肥料をやるのも、「気が向いたときだけ」

とはいえ途中で放棄するのも悔しいので、「水をやらなくても、育つ!」みたいな謎の植物を買って、見せかけの庭を繕うことに精を出しました。

一年後、二人のお庭にはびっくりするくらいの差が出ました。A子さんのお庭には色とりどりの花と植物が咲き乱れ、エネルギーに満ち溢れたお庭。

そんなお庭に包まれたA子さんはバイタリティーが出てきて、私生活でもうまく行き始めます。

jill111 / Pixabay


B美さんのお庭は、というと、一見見栄えはいいけど、植物たちは「生きてる」という感じではなく「飾られている」といった印象。

当然お庭に生命力は乏しく、B美さんも虚しさを感じて元気がありません。当然、B美さんの周りには人が集まらなくなって行きました。。。

 

 

スキンケアは日々のお手入れが大事

さて、あなたは毎日自分のお肌に、どんな「お手入れ」をしていますか?

スキンケアをガーデニングに例えると、

・草むしりや害虫駆除は、洗顔。
・土を耕すのは、血行を良くすること。
・肥料は栄養素。
・水やりは、保湿。

毎日のちょっとしたお手入れが、5年後10年後のあなたの「お庭」の本当の美しさを変えます。

とある女優さんが、毎日のスキンケアで大事にしていることを聞いたことがあります。

それは「毎日肌に、今日も一日お疲れさまでした。ありがとう。」と語りかけることだと言っていました。

きっとその女優さんは、自分の肌が植物同様、生きているんだと感じているんでしょうね。

関連記事

  1. ダイエットする上で外してはいけないもっともシンプルな考え方

  2. どんな仕事でも楽しくやれてしまう7つのルール

  3. 始め方よりも終わり方に人間性が出る

  4. 今まで誰も教えてくれなかった育毛の基礎の基礎

  5. 好きを仕事にするという幻想

  6. 表彰の記念

    頼られることに依存したリーダーに待っているのは、孤独だ。

  7. 働く男性のイメージ

    好きを仕事にするのではなく、仕事を好きになる方法

  8. 好きなものより、嫌いなものにその人の人間性が出る、という話

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1

Instagram

[instagram-feed]

PAGE TOP