シャトーブリアンと雲丹

SATOブリアンに行ってきた with 美食家の細金恒希さんとその仲間たち

[blogcard url=”https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13159782/”]

食べログ☆4.55は伊達じゃなかった。

あなたは未だかつて、肉で涙するほどの感激を味わったことがあるだろうか…もしNOなら行ってみる価値があるだろう。

SATOブリアンに行ったあなたは、まず間違いなく、こう思うはずだ。

今まで食べていた肉は、本当に肉だったのだろうか。

なんとも哲学的な問いではないだろうか?だか問わずにはいられない。自分が今まで食べてきた肉について。

ご存知のない方向けに説明しておくと、

SATOブリアンは、オーナーの佐藤さんが、牛の希少部位シャトーブリアンにこだわって、最高級のお肉を提供する、というコンセプトで作られたお店である。

だからなんだというのだ。私には関係がなかった。

なぜって、雲丹とセットで出てくるからだ。

シャトーブリアンと雲丹

シャトーブリアンはどうやら雲丹とセットでなくてはならないらしい。

さらに言えば

お店の看板メニュー「ブリ飯」

ご飯とセットでなくてはならないのだ。

この雲丹とシャトーブリアンとご飯と、そしてチョットしたガーリックを口にした瞬間、想像せざるを得なくなるのだ。

私が今まで食べてきた肉は本当に肉だったのだろうか?と。

今回、幸運にもこの予約の取れないお店にありつくことができたのは、

美食家である、細金さんの計らいだったのであるが、細金さんは美食家タレントのアンジャッシュの渡部さんとも仲が良く、

一緒に色んなお店に行かれているらしい。(渡部さんのブログにもこのお店は取り上げられている。  )

細金さん曰く、「このお店はどちらかというと初級編だからね」

「この人はいったい何を言っているのか?」そこにいた他のメンバーも固まった。

この美味い肉が初級編???

未だかつて食べたことのない肉が、過去の肉を肉として認識できなくなるほどの肉が、

初級編???

この上にいったいどれだけの肉がそびえているというのだ。

SATOブリアンの頂からは、その上の山は霞がかかってしまっていて、私たちからは見えなかった。

私たちは帰り道、各々に想いを馳せていた。

いつか、あの霞の向こう側にそびえる肉の上級編に出会えるのだろうかと。

関連記事

  1. 【歌うと必ずウケる】カラオケ鉄板曲にディズニーソングをお勧めする理由

  2. 【図解】評価経済に向けて、私がチャレンジしている働き方

  3. SEKAI NO OWARI 『サザンカ』の歌詞に込められた本当の思い…

  4. 【惚気】日曜日の朝に夫婦で買い出しに行くの、夫婦って感じがする!

  5. ビジネスパーソンがアートを学ぶ必要性について

  6. 平日の昼間集まれる人限定!

    平日の昼間から、フットサルからの焼肉&ビール!!

  7. 伊藤富有子FBプロフィール

    伊藤富有子さんは、「質問」によって「その人の生きる意味」をあぶり出すプ…

  8. 好きなものより、嫌いなものにその人の人間性が出る、という話

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1
PAGE TOP