疲弊する合コン像

「結婚を視野に入れたお付き合い」への違和感

 

 

自分の理想の異性を探す婚活は疲弊しやすい。

疲弊する合コン像合コンに行っても、どれだけの人を紹介されても、

この人じゃない、
この人でもない、

っていう否定的なエネルギーを使うために、メンタルが削られるからだ。

であれば、

『結婚するならこんなヒト』という「理想の相手を探す」婚活ではなく、『結婚するならこんな自分』という「理想の自分を探す婚活」にすれば、メンタル的にも安定しやすいし、エネルギーも高くなる。

「結婚を視野に入れたお付き合いをできればなと思っています。」というアピールは

「私はあなたを結婚できるかどうかで値踏みますよ」と言ってるのと同じである。

これでは人は惹かれない。そう主張するよりも、

「結婚をするのにふさわしい自分になれればなと思っています。」というアピールの方がいいと思うのだ。男でも女でも。

そんな人のほうが、魅力的ではないだろうか?

関連記事

  1. 仕事へのスタンスは恋愛へのスタンスに直結する

  2. 失恋のイメージ

    婚活市場は、結婚を促すことに全く成功していないのでは?

  3. 当たり前だが、あなたの好きなラブソングはあなたの恋愛を代弁している

  4. 恋愛工学の基本理論

    【1.5万字】僕は恋愛工学で「愛」が得られないことを証明しようと思う

  5. 言わないことは優しさではありません。

  6. 僕が恋愛コンサルタントにならない理由

  7. 【恋の状態異常防止】『妖怪男ウォッチ』は女子必携のリボンである

  8. なぜ処女作を出版する僕が、本の印税を放棄して寄付しようと考えたのか?

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1
PAGE TOP