言わないことは優しさではありません。

AllClear55 / Pixabay

最近こんな話を聞いた。

彼氏が彼女の悪い部分を言わずに我慢してきたものが、ある時に臨界点を越えて、「もー我慢できない。ずっと言わないできたけど、お前のそういうところが嫌いなんだ!」と言ったそうだ。

彼女は、「我慢してくれていたのに気付けなかった」と後悔していたそうだが、果たしてこの場合、被害者は彼氏なのだろうか?

NOである。

むしろ逆だと言ってもいい。彼女が被害者であり、彼氏が加害者である。

彼氏は彼女に気にくわないところがあった。それを彼の「優しさ」ゆえに言わずに我慢してきたというが、我慢している時点で「優しさ」ではなく、「怠慢」である。

なぜか?

ふたりの関係を良好なものにするという前提があるのであれば、彼女の気に入らないところを黙っている、という彼氏の行為は、その目的と真逆の道を進んでいるからだ。

おそらくこの彼女は、2人の間が気まずくならないように彼氏が「気をつかっていた」とことを優しさと認識しているようだが、

彼氏が指摘をしなかったのは「面倒くさかった」からに他ならない。

彼女の悪いところを指摘して、彼女が不機嫌になるのも面倒くさいし、それによって自分が不快な思いをするのも面倒くさい。だから言わなかったのである。

その証拠に、我慢ができなくなった瞬間に、言ってしまった。
本当の優しさであれば、我慢しない。それを彼女らしさと認め、自分を変えていく方法を選ぶ。

しかし彼氏は自分が変わらない選択をし、彼女に変わる期待をした。彼女に指摘をすることもせずに。

それは、無理ゲーである。

その人のことを思えばこそ、言う、のが優しさであり、
自分の怠慢の言い訳に、言わない、のは優しさとは言わない。

彼氏は単純に、ふたりの関係を良くすることをサボっていたのである。

関連記事

  1. 当たり前だが、あなたの好きなラブソングはあなたの恋愛を代弁している

  2. 【恋の状態異常防止】『妖怪男ウォッチ』は女子必携のリボンである

  3. 匿名の人のイメージ

    本当に中身で判断する人ほど、外見で判断する

  4. いい恋愛ができる人と、いい恋愛ができない人の8つの違い

  5. 結婚相手って意外とあっさり決まったりする

  6. いま、恋愛には「本質」が求められている

  7. 職場恋愛のイメージ

    恋のライバルが大切な友人だった時、どう振舞うべきなの?

  8. 僕が恋愛コンサルタントにならない理由

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1
PAGE TOP