お口の健康を保つには、◯◯が鍵だった!

geralt / Pixabay

「芸能人は歯が命」そんなCMがやっていた時期がありました。

芸能人に限らず、ニコッと笑ったときに綺麗な白い歯がスラリと並んでいると、

男性だったらとても爽やかな印象に、女性だったらとても清廉な印象にりますよね☆

見た目の健康の分野の中でも、美肌や体型と違って、普段あまり意識しない分野が
「口」に関する健康だと思います。

でも実際に「口が健康である」ってどういう状態でしょうか?ここで改めてお口の健康について考え直してみましょう!

お口の健康の3要素

お口の健康に関する要素は次の3つです。

  • 歯の状態
  • 口内の清潔さ
  • 味覚の正確さ

まずは、歯の状態です。こちらは視覚的にも気になるところです。

歯が白くて綺麗か?は見た目にインパクトがあるとこですし、ホワイトニングを気にしている人も多いでしょう。

他には、「丈夫さ」が考えられます。

虫歯ではないということももちろん大事ですが、きっちり食べ物を噛めているのか?というところは食に直結するところですので、世間一般の関心も高いところです。

次に、口内の清潔さについてですが、
ここに問題が出てくると 

口がくさい

言われてしまいます。ショックですね。。。

口内が清潔でないと、他人には嗅覚に不快感を与えることになり、 
自分には、免疫力が落ち、細菌がはびこるので病気になりやすくなります。

最後に、ここも結構忘れがちなところですが、味覚が正常であるか?というところもお口の健康では大事な部分です。

味覚はもともとが「異物を体内に入れない」ためにできてるシステムですので、ここが狂ってしまっているということは、

人体の警備システムが異常であるということなので、外敵の侵入をいとも簡単に許してしまうことになります。

この3つを一気に解決する方法

「歯の健康だけじゃなくて、他にも2つもあるのか、面倒くさいなぁ。。」

と思ったそこのあなた!大丈夫!!

実は、この3つを一気に解決できる仕組みが、
僕ら人間のからだにはすでに含まれているのです。

それが

唾液です。

「え、唾液??」

そう、唾液です。

唾液については、「でんぷんを分解するやつ?」
くらいのイメージしかない人も多いと思いますが、

実は唾液は様々な役割を担っており、
健康を考えるうえですごく重要な役割を担っているのです。

具体的には、

  • 歯の再石灰化、ph調整
  • 細菌への抵抗、滅菌
  • 味蕾細胞に味を届ける

というまさに、お口の健康に必要な3つの要素を見事にカバーできる能力が備わっているのです。

恐るべし、唾液。。。

今までの人生で唾液に尊敬の念を抱いたことはないと思いますが
このブログの「お口の健康」のテーマを全て読み終えた時には、

「唾液すげぇ!」となっていること請け合いです(笑)
 
次回は具体的な「唾液のすごさ」に迫ります。

関連記事

  1. ダイエットする上で外してはいけないもっともシンプルな考え方

  2. 「コレは健康にいいのか悪いのか」という議論をするのそろそろやめませんか…

  3. スキンケアはなぜガーデニングに似ていると言われるのか?

  4. 今まで誰も教えてくれなかった育毛の基礎の基礎

  5. 消費者が知っておくべき「クスリの本当の正体」とは?

  6. 1日3食が良いという幻想を捨てよう

  7. 善玉菌・悪玉菌・日和見菌

    腸内環境を整えるのに必要なのは○○○乳酸菌!

  8. 脂質には、とっていい油と、とってはいけない脂がある

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1
PAGE TOP