仕事へのスタンスは恋愛へのスタンスに直結する

jarmoluk / Pixabay

恋愛観の話をしたいって時に、仕事観の話を掘り下げようとすると、なんで?みたいな顔をされることがありますが、そっくりそのままなんで?と言い返したくなります。

今の職場がどうであるかはさておき(いろんな事情があるでしょうから)

「仕事をする」ということへの姿勢そのものは、恋愛や子育て・家事にももろに反映されるので、

むしろ相手の仕事観を聞くのは、これから始まるかもしれない恋愛やパートナーシップを想像するのにめちゃくちゃ参考になります。

で、割とその予想は外れません。

仕事に一所懸命になれない人が、恋人や家庭には一所懸命になれる、なんて都合のいい話はまずないし、向上心がなく目の前の課題に向き合ってない人が、2人の課題には向き合えるなんてことはない。

仕事はほとんどの人にとって、人生の大半を費やすものだから、そこでできてないことが、ほかのところでできるとは到底思えません。人間関係については特に。

「私の旦那(妻)は仕事には手を抜く人だけど、家庭のことは一切手を抜かない人です(* ॑꒳ ॑* )>」

……
……

ないっっっっっって!!それはない!

みなさん、いまちょっといいかもって思ってるヒトがいるなら、

「今までで一番しんどかったことってなんですか?」
「それってどうやって乗り越えましたか?」

って聞いてみてください。

そのストーリーが、そっくりそのまま未来の2人の一番しんどい時に出るパターンですから。

趣味の話もオーケー、
最近行った美味しいお店の話もいいでしょう、
それも大事なコミュニケーションです。

でもね、そこにその人の本質はないと思いますよ。

関連記事

  1. 始め方よりも終わり方に人間性が出る

  2. どんな仕事でも楽しくやれてしまう7つのルール

  3. 恋愛工学の基本理論

    【1.5万字】僕は恋愛工学で「愛」が得られないことを証明しようと思う

  4. 言わないことは優しさではありません。

  5. 愚痴るのには「スキル」がいる、という話

  6. いじりといじめの境界線を分ける5つの決定的な違い

  7. ゼクシイのCMから感じた違和感の正体

  8. 察してほしい、の生産性のなさ

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1
PAGE TOP