表彰の記念

頼られることに依存したリーダーに待っているのは、孤独だ。

表彰の記念

チームができるとなぜ、孤独になってしまうのか?

ある程度仕事ができるようになると、部下やチームを任されるようになる。すると、今度は自分個人の仕事だけでなく、組織としての仕事を任されるようにもなる。

そうなると、自分のタスクも増えるので、仕事は大変になるが、自分のできないことができるようになり、知らないことを知れるようになり、日々の仕事が楽しくなってくる。

そのうち、部下やチームのメンバーからも何かと頼られるようになり、自分自身の居場所のようなものも確立されてくる。


その結果、待っているのは孤独だ。

▽▽▽

僕はかつて、とある組織に属していて、そこで少数のチームを持たせてもらいながら、組織全体の研修の一部を担当し、チームの育成も同時に行っていた。

研修の中身を作り込むことや、それによって多くの学びや気づきを与えられていること、

また、チームから仕事の相談を受けたり、一緒に仕事をこなしたりする中で、人から頼られている実感を得られていた。仕事は充実していたと思うし、人間関係も良好だった。

しかし、僕は結果として、1人になった。

なぜだろう?

組織図

自分のできることと同じことができるように、仕事を渡していく。それを継承した人たちは、自分の先にも同じことができるように継承してきく。

このようにして組織の文化は広がりを見せていくわけだが、ここで気をつけていかなくてはならないことは、

チームを持つ人間は、今できることを渡していく一方で、自分の枠や器をどんどん大きくしていかなくてはならない、ということだ。

でなければ自分がいまできることは、いずれ誰かができるようになることであり、それを自分がやらなくても良くなってしまう。

この時、自分の枠を広げること、出来ないことにチャレンジしていくことをサボると、いずれ上下関係が逆転して、後から入ってきた人間にどんどん抜かれていく。

僕は、これをサボった。

人に頼られるのが嬉しくて、否、人に頼られている自分に酔っていて、自分の器を磨くことをサボってしまった。

結果、私はまた一人になった。

あとから振り返ってみたら、人は僕に付いてきたのではなく、組織の流れについてきただけだったと気づいた。


孤独なリーダーがもう一度立ち直る方法

僕自身がもう一度その流れに乗ることしかない。もう一度初心に帰って、ゼロから積み上げることだ。

今度は手を抜かないように、常に自分の器を広げるチャレンジをしながら。

そうすれば、頼られていることに依存せず、自分は確固たる自信をもって、次のステージに上がれるようになる。

そう信じて突き進むのだ。

関連記事

  1. 愚痴るのには「スキル」がいる、という話

  2. 【観劇】よい国を作るための3つのルールとは?

  3. いじりといじめの境界線を分ける5つの決定的な違い

  4. 最新版10年後に稼げなくなる資格ランキング

  5. なぜ会社員として働くことが当たり前になっていけないのか?

  6. これからの時代を生き抜くキーワード「情報力」とは?

  7. 目の前の階段を登った先にどんな景色が待っていますか?

    あなたの志はなんですか?

  8. money

    ベーシックインカムが始まると生き方格差が生まれる

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1
PAGE TOP