愚痴るのには「スキル」がいる、という話


Business写真Phduet – Freepik.comによるデザイン

女性のみなさん、例えば男性に仕事のことや恋愛のことを相談したときに、まと外れなアドバイスをされて全然嬉しくなかったことはないだろうか?

または男性のみなさん、相談に乗ったときに良かれと思ってしたアドバイスが、

「そういうことじゃないんだけど」みたいな顔をされて全く受け入れてもらえなかったことはないだろうか?

これは、よくある相談と愚痴の認識の違い、いわゆる話聞いてほしいだけ女子と、この子の力になってあげたい男子との需給のミスマッチから起こる問題である。

僕はこのミスマッチを解決する方法は、相談をする側のスキルにあると考える。

スキルと言っても難しいことはない。

話を聞いて欲しいだけのときは、

「これは愚痴なんだけど、話聞いてもらってもいいかな」

と一言添えるだけでいい。

これがあるだけで、このミスマッチはほとんど起こらない。

男性の多くは、話を聞くだけで、共感してあげるだけで、その子の貢献になる、という事実があることを知らないのだ。

なぜなら、自分がヒトに何かを相談するときは、アドバイスを求めるときだからだ。

当然目の前の女性がアドバイスを求めているという前提で相談に乗る。

それを、いや違うんだと、話を聞いて欲しいだけなんだ、と言ってあげるだけで、

なんだ、話を聞いてあげるだけでいいのかと認識できるようになるので、ぜひとも言ってあげて欲しい。

それでもアドバイスしてくる男性だったら?

それはあなたの人選ミスだ。相談すべき相手を間違っている。

そういうわけで、話を聞いて欲しいだけののときは事前に

「愚痴なんだけど」と一言入れる

このスキルを全員が持てると、もっと救われるストレスがあると思うのである。

もっと愚痴っていいんだと思える人も増えると思う。

そうしたら救えた命もあるかもしれない。

そんなことを連日の報道を見て思うのである。

ちなみに、

私は相談に乗るときに、相手がどっちか怪しいときは、

「それって愚痴?相談?」と聞くようにしている。

これもなかなかオススメである。

関連記事

  1. 好きを仕事にするという幻想

  2. なぜあなたは「何を考えているかわからない・人間味がない」と言われてしま…

  3. 1日3食が良いという幻想を捨てよう

  4. 失敗が気になる人

    失敗は成功のもと、というメンタリティの罠

  5. 企業で自分のヤリタイを実現するは非常に難しい

  6. 踏み込むコミュニケーションを

    相手の人生に踏み込む、という選択

  7. Fコードの壁

    人が変化をするときは、徐々にではなく、一瞬である

  8. 財布の画像

    財布を落とした時のメンタルの立て直し方

Instagram

[instagram-feed]

PAGE TOP