ホワイトパーティーに参加するなら覚悟していけ

THE PLACE OF TOKYO

ホワイトパーティーに行ってきた。

ドレスコードが全身白(オールホワイト)に設定されているパーティーのことをホワイトパーティーと呼び、パーティー文化の根付いた欧米ではホームパーティーなどでもよく開かれてきました。

中でも近年、世界中でホワイトパーティーのブームが巻き起こるきっかけとなったのが、フランスで発祥した「ディネ・アン・ブラン(Diner en Blanc)」という名のイベントです。

フランス語で【ディネ(Diner)】=夕飯・ディナー、【ブラン(Blanc)】=白。意味は白の晩餐。

秘密性を含めた様々なユニークなルールがあり、世界最大のホワイトパーティーでありながら、かつ世界最大のシークレット・ディナー・パーティーに発展しました。(出典:ホワイトパーティ東京

なぜ苦手な「パーティー」に行こうと思ったのか

ライトアップされた東京タワー

ライトアップされた東京タワーの向かい、「The Place of Tokyo」の地下には、白銀の世界が待っていた。

元来、わたしは、こういったハイソなパーティーがものすごく苦手である。紳士・淑女が社交的な会話を交わし、「オシャレなわたし」を振りまく人たちの輪に入って、笑顔を振りまくという行為が、とても苦手だ。

でも、今回行くことにした。
なぜか?

枠を壊してみたかったのだ。自分が苦手だと思うところに、実は「本当は」そうなりたい自分が隠れているのはよくある話だ。とにかく普段とは違う行動をすることが世界を広げてくれると信じてやまない。

どうだ、まず、エントランスにホワイトローズの飾りが、ソファーにポツンと置いてある。

ソファーに花冠

オシャレすぎる世界

オシャレすぎる。
まるで、スイスの高原を駆け回る、花冠をした純白の少女がおいていったかのように、ただそこにポツンとある。
 
あれ、クララの忘れ物かな?」と感じたのは僕だけではないはずだ。

ふと横を見ると、そこにも白を基調としたアイテムが来賓者を出迎える。

 
白い地球儀
 
地球儀が白い。
 
もしかしてガガーリンは実は「地球は白かった」といったのではないかと思わされるほど、白い地球儀としてのアイデンティティが確立されている。そこに一点の曇りはない。曇りがないのに、曇のような白さを放つ地球儀に、目を白黒させているわたしは、やはり落ち着かない面持ちで会場に入る。
 
白のモエ・シャンドン

モエ・シャンドン。と読める。

そもそも白くないモエ・シャンドンをそんなに見たことがないので、「わぁ、モエ・シャンドンまで白いよ!すごいね!」と喜ぶガールズを見て、モエ・シャンドンが白いことが珍しいという事実を初めて知った。

 
 
 
あれ?
 
モエ・シャンドンの横を、普通の青のストライプシャツをきた男性が横切った。
 
「白くない!!!」
 
ここでは、白くないものは、異常なものとして映る。ただの青のストライプシャツに過ぎないのに、周りが真っ白であるがゆえに、明らかな違和感を会場に漂わせる。
 
その男性は飄々とした顔でクロークに向かって行くが、、
 
 
(あ、スタッフの人に捕まった。)
 
 
「白シャツじゃないとダメです。」

怒られていた。

「お代はお返ししますので、ご退場ください。」

 
 
さすがに、ホワイトパーティー初参加者のわたしも思った。
 
「そら、そやろ」
 
さぁ、せっかく来たのだ。
ここで、ハイソなわたしに変身するのだ。

眩しい。
 
眩しくて声がかけられない。やはりわたしには荷が重すぎる。
 
すると、横にいる歯の白いおじさまにお声がけいただいた。
 
「せっかく来たのだから楽しまないと。ポジティブにね!!」(にっこり)
 
こ、これが大人の余裕。大人の嗜み。(ホワイトパーティーに来る人たちは歯まで白い)

(そうだ、わたしは、自分の枠を壊すために来たのだ!)

 

精一杯の笑顔

どうだ、精一杯の笑顔。

大人の仲間入りだ。これでわたしもハイソな人間の仲間入りだ。

白い地球儀も、白いモエ・シャンドンにも動じない、大人の階段を登ったのだ!!!!

全体写真
 
ふぅ
 
 
 
めっちゃしんどかったです。
The following two tabs change content below.
川口 美樹
元々4年間俳優をやっていました。 芸能界は売れても幸せにならない世界だったので、稼ぐことと幸せになることを両立しようと、24歳の時に自分で事業を開始しました。 現在は執筆・企業研修・ワインのインポート・300人規模のイベント運営などいくつか個人でやっています。 子育てする時間も欲しいので、株式投資や不動産の分野も勉強中です。気軽にフォローしてくださいね。