伊藤富有子FBプロフィール

伊藤富有子さんは、「質問」によって「その人の生きる意味」をあぶり出すプロフェッショナルである。

伊藤富有子さんってどんな人?

伊藤富有子FBプロフィール

ご本人のfacebookプロフィールより

その時の出逢いが その人の人生を 根底から変えることがある
人間を根底から変えてゆくもの 人間を本当に動かしてゆくもの それは人と人との出逢い そのときの出逢い(相田みつを)

僕の人生は、この方との出会い無くしては語れない。その方の名前は伊藤富有子さんという。(以下、親しみも込めて富有子さんと記載させていただく。)

STORYS.JPにも書いたが、この中で僕に強烈な質問をしてくださった人でもある。

良い質問は、良いアウトプットを引き出す。そういう意味ではこの人は「質問のプロフェッショナル」と言うべきであろうか。簡単にその人物像をご紹介したい。

  • インターネット求人メディア、ディップ株式会社にて最年少管理職に抜擢。当時の記録である38ヶ月連続予算達成は、未だに破られていない。
  • その時は朝から深夜まで仕事をしていたものの、このままではいけないと思い、29歳のタイミングで独立。
  • 現在は、インフラビジネスなどを手がけながら、北から南まで全国に渡り、講師としても活躍。私塾も運営されており、3年間で1000名の会員数を獲得。
  • 「親孝行」をビジョンに掲げ、親に面と向かって「産んでくれてありがとう」と言える生き方・働き方を推進されている。

Facebookアカウント

 

本当にやりたいことは、ある「質問」によって導かれる

STORYs.JPより

2011年当時の僕は「俳優として有名になること」ぐらいしか、目標がなかった。アカデミー賞獲ったり、憧れの俳優さんたちと共演したりできればいいな、ぐらいの気持ちだった。

だからこそ富有子さんに「売れたらどうするの?」と質問された時に、その質問に答えられなかった。何せ俳優として売れるかどうかもわかっていなかったのだから、売れた後のことなんて考えたことがなかったのである。(今、思えば、その「売れた」という状態も曖昧な表現だが)

しかし、質問されてしまった。

僕は脳の検索エンジンに「俳優として売れたら次にやりたいこと」という検索ワードを打ち込まなくてはいけなくなった。しかし、その時に僕の脳が叩き出した検索結果は、

キーワードに一致する情報は見つかりませんでした

だったのである。

「まずい」と思った。自分がやりたいことがある方の人間だと思っていたが、実はやりたいことがないことがバレてしまった。

このブログを読んでいるあなたも、今ここで、自分の脳みそに向かって次の検索ワードを打ち込んでみてほしい。

今目指している夢が、もし叶ったとしたら、自分のやりたいことは何だろう?

その回答こそが、おそらくあなたの本当にやりたいことなのではないかと思う。もし、検索結果が出ないのであれば、あなたにはまだ本当にやりたいことが見つかってないのかもしれない。

僕はこの質問によって、自分の人生の舵を切る、大きなきっかけをもらった。

 

私たちは「なぜ」今の仕事を選んだのだろうか?

Background写真Jannoon028 – Freepik.comによるデザイン

将来やりたいことがない、夢がないという人でも、それまで生きてきた中で何かしら自分なりのポリシーを持っているものだ。

普段はこのポリシーを意識することはないが、就職や恋人を決める時、または大きな選択を迫られる時などに、実はそのポリシーがその人の人生の意思決定に大きく影響していることがある。

このポリシーを無意識下でモヤモヤしている状態から、意識上に明文化できるようになると、何と、アンパンマンもびっくりの、自分は「何のために生まれて何をして喜ぶ?」人間なのかに答えが出せるようになってしまうである。

ある時、富有子さんと自分の執筆についての話をしていた時のことだ。

富有子さん
美樹くんが文章を書く時って、何を意識して書いてるの?
読んだ人が考えてもなかったような視点を与えることですかね。
富有子さん
具体的には?
例えば、こないだ結婚式するのやめませんか?っていう投稿をFacebookにしたんですけど、賛否両論いろんな意見がついてプチ炎上みたいになったんですけど、あれって狙い通りで。みんなが当たり前に常識だと思っていることに疑問を投げかけてみる。それで全く新しい気づきが読んだ人にちょっとでも得られたらいいな、と思って書いてます。
富有子さん
確かに美樹くんの視点面白いもんね。どうしてそれを大事にしてるの?
どうしてなんでしょうね…(しばらく思考したのち)、おそらくですけど、僕昔から、人が予想もしなかったようなことをして驚かせたりするの好きだったんですよね。サッカー部にいた時も、『そこでそのプレーする!?』みたいなトリッキーなプレーを考えるのが好きでした。
富有子さん
へぇー、そうなんだ。どうして人が予想もしなかったようなことをして驚かせるのが好きだったの?
そうですね。おそらくですけど、たぶん、それが自分をアピールする方法だったんだと思います。勉強はできたっちゃあできたんですけど、どれも平均点よりいいぐらいだったんで、目立ちはしなかったですしね。サッカーも同じで、うまいやつは他にもいっぱいいましたし。

富有子さん
なるほどね。でもどうしてそんなに自分のアピールする必要があったの?

どうしてアピールする必要があったか?うーーーん、いやぁ、、、、それはどうしてでしょうね…
 

これが僕の人生においての2回目の強烈な質問だった。

僕は一体「人と違うこと」を表現して何を得たかったのだろう。単純な承認欲求?自己効力感?

いくつかのやり取りを続けた結果、僕が導き出した理由は意外なものだった。

本当に自分のやりたいことは私の「価値観」に隠れている

 
僕、どのグループとも所属しないタイプの人間だったんです。例えば、AグループとBグループがあって、そのグループ同士が仲が悪くても、僕はそのグループの人たちとは別々に仲が良くて。
 
富有子さん
うんうん、それで?

でもですね、僕、その時何もしなかったんですよ。例えば、ある男子グループからハブられていた子がいて、僕はその子と普通に遊んだりしてましたけど、そのグループには『何であいつのこと嫌ってるの?』とは聞かなかったんです。
 

富有子さん
どうして?

争いが嫌いなんです、昔から平和主義なので。戦争孤児とか難民の子のニュースとかみると、なんか心が痛んでいた記憶があります。だからその、『言う』ことで、そいつらとぶつかることが嫌だったんでしょうね。
 
富有子さん
ふむふむ。

だから特に何もせずに、『何でこの人たちは、もっと仲良くできないんだろう。それぞれいいところがあるのに』と思ってましたね。もっと歩み寄ってお互いが理解すればいいのにって思ってましたねぇ…。
 

あ、そうか。

だからだ。

……あ、だからだと思います。
 
富有子さん
え、何が?

お互いが、もっと相手の違うとこを見れたら、もっとみんな仲良くなるのかもしれないと思ったんだと思います。一方的な見方で物事を見るんじゃなくて、別の角度から見たら違う気づきがあると思うんです。

だから、僕は人が考えても見なかったようなことをやって、自分の常識は常識じゃないんだ、もっと広く世の中を見たら、みんな喧嘩せずに済むんだ、ってことを伝えたかったのかもしれないです。

 

富有子さんに質問されたことで、あぶり出された僕の人生観はこうだ。

  • 平和主義者。人と人とがいがみ合うのがもっとも嫌い。だから小さい時には、どのグループにも属さなかった。しかし、そのいがみ合いを解決する術を知らなかった。勉強もスポーツも成績としては中途半端だったから、何か自分に役に立てることはないか探していた。
  • 「人が考えてもなかったような」斬新なアイデア、既存の常識を覆すようなことを表現することで、みんなに「自分にとっての当たり前は、別の人にとって当たり前じゃない」ことに気づいて欲しかった。
  • そうやって、気づきが増えれば、人に対しての理解度が深まって、自分とは価値観の異なる人を受け入れやすくなるんじゃないか。そうすれば世界はもっと平和になるんじゃないか。
 
と、そう言うことである。これが僕の人生のポリシー、つまり「価値観」なのだ。
 
そう考えると、僕の今までの「人がしない選択を選択する」人生を歩んできた理由が全部腑に落ちたのだ。
 
そして、面白いことに、その軸で考えると、バラバラに点在していた今までの記憶が、一つの道の上でくっきりと結ばれる実感があった。(これがいわゆるスティーブ・ジョブズのコネクティング・ドッツなんだと思う。)

この時に僕は「自分の本当にやりたいことは、自分の価値観の中に眠っている」ということを知った。

その時、富有子さんは…

僕が雷に打たれたような顔をして、自分自身の価値観に気づいたことに呆然としていると、
 
富有子さんは、「へぇー、美樹くんのやりたいことはそう言うことなんだねぇ」と言った。
 
しかしその表情は、したり顔だった。
 
 
して、やられたのである。
 
 
またしても僕は、富有子さんの「質問」によって、自分の人生を決定づけるような気づきに触れてしまったのである。
 
なんとも、恐ろしい人だなと思ったものである。
 
 
もう一度冒頭の相田みつをの言葉を思い出して欲しい。
 
その時の出逢いが その人の人生を 根底から変えることがある
人間を根底から変えてゆくもの 人間を本当に動かしてゆくもの それは人と人との出逢い そのときの出逢い(相田みつを)
 
あなたには、人生を変えるような出逢いがあっただろうか?
 
もし、まだ出会ってないようだったら、是非とも探して欲しい。そうすればあなたはきっと自分の人生の「価値」に気付くだろうから。
The following two tabs change content below.
川口 美樹
元々4年間俳優をやっていました。 芸能界は売れても幸せにならない世界だったので、稼ぐことと幸せになることを両立しようと、24歳の時に自分で事業を開始しました。 現在は執筆・企業研修・ワインのインポート・300人規模のイベント運営などいくつか個人でやっています。 子育てする時間も欲しいので、株式投資や不動産の分野も勉強中です。気軽にフォローしてくださいね。

関連記事

  1. シャトーブリアンと雲丹

    SATOブリアンに行ってきた with 美食家の細金恒希さんとその仲間…

  2. 【観劇】よい国を作るための3つのルールとは?

  3. インタビューされました!

    ストーリーが商品になる時代が来た!

  4. 平日の昼間集まれる人限定!

    平日の昼間から、フットサルからの焼肉&ビール!!

  5. 人生にもっと遊びを|クルージングに行ってきた!in LCA

  6. 講演会の様子

    細金恒希さん主催「人生戦略セミナー」に初めて参加したときのこと

  7. マークシティーの靴磨き屋さん

    靴磨きが面倒臭いあなたへ|靴磨きとは即ち、〇〇磨きである

  8. 「川口美樹 アムウェイ」のサジェストに異議申し立てしたら却下された(泣…

WORKS

  1. 1分1秒わくわくドキドキしてますか?
  2. トークスライド1
PAGE TOP